男性が注意すべき性病

how medication is justified

性病の種類の中には、男女で症状に大きな差があるものもあります。特に男性に気を付けていただきたいのは淋菌感染症です。
淋菌感染症はその名の通り、淋菌という細菌によって感染する病気です。「淋病」と呼ばれることが多い病気です。
淋病は男性のみに強い症状を発する病気で、女性は感染したことに気付きにくくなっています。症状が出ないだけで体内に淋菌は存在するので、無自覚のまま男性に移してしまう可能性があります。

淋病の主な症状は、男性器から膿が生じて、強い痛みが発生します。痛みが激しいので、症状に気付かないということはまずないでしょう。
対して、女性の淋病は症状が出ないことが多いです。もし出たとしても、尿道のわずかな痛みや、おりものの増加なので、一過性のものと思われがちです。
ただ、クラミジアと同じで、女性の淋病も症状が進行すると不妊の原因になります。症状がないからといって油断はできないと思っておきましょう。

淋病は風俗店で感染することが非常に多いです。
実は淋病は咽頭にも感染する性病なので、オーラルセックスのサービスを行う風俗店で感染する確率が非常に高くなっています。
淋菌の咽頭感染は、のどの痛みや発熱といった普通の風邪の症状に近いものなので、風俗嬢もまさか自分が性病になっているとは気づかないのです。
その結果、男性客に移してしまい、その男性から他の女性へと感染が広がっていく可能性があります。
そのようなことにならないためには、なるべく風俗店の利用を控えるしかありません。どうしても風俗店に行きたい場合は、オーラルセックス時にもコンドームを着用しましょう。
予防の甲斐なく感染してしまった場合はクラミジアと同じジスロマックが効きますので、すぐに治療を行うとよいでしょう。